はじめに

2016年4月、私が住む熊本を2度の地震が襲いました。私は前震と呼ばれる4月14日、仕事をしていました。清掃作業の仕事をしている私は仕事先の商業施設にて作業中でその時、何か空気が止まった感覚がしてビル自体7階建てなんですが建物が傾いたような感覚もしました。そしてものすごい音がして地震が起きました。天井のシャンデリアはありえない角度で揺れ、人の悲鳴。一瞬にしてパニックになりました。

そして、数日後の16日の深夜、本震と呼ばれる地震が起きました。その日、私は昼間に仕事で片付け、夜は自宅の片付けを行っていて疲れて熟睡していましたが、深夜何故か目が覚めてしまい、寝直そうとしていた時に激しい揺れが起きました。部屋の物は崩れ落ち、激しい揺れの中、外に逃げました。その後私は必要な物をリュックに詰めて、両親が待つ避難所へ向かいました。

そして数日間、私は避難所にて生活する事になりました。

その後は数え切れない程の余震が続きました。未だに被災した場所に来ると1年経っても、あの時の感覚がフィードバックする時があります。

その時の私の経験や一年過ぎて感じた事を踏まえて地震の事を書いていこうと思います。



近年の地震の発生状況

地震に備えて準備しておくもの

地震発生時に取るべき行動

避難所の生活

地震を経験してからの事